Menu 公演情報 チケットの予約 出演者の紹介

Home公演情報のりしろチップスについて今までの公演リンクお問い合わせ

 

   番外 父、カエル。(2011)
   番外 真説•ウラハラ海峡
   6回 ハナとクソ
   5回 
パンダ、スイートホーム
   4回 ミツヲ
   3回 アンダー★ザ★レインボウ
   2回 父、カエル。
   1回 ウラハラ海峡


 

今までの公演

パンダチラシ


youtubu ※全編ご覧いただけます
  01 02 03 04 05 06
   07 08 09 10 11

第5回演劇公演パンダスイートホーム

2008年7月18日~20日  アドリブ小劇場
出  演 二宮智也(劇団H.D.U.)/山浦義武/
     池亀三太(ぬいぐるみハンター)/
     神戸彰子(ぬいぐるみハンター)/
     水口速美/西尾マサ/野口順平/
     ひらのちえ/まさはる(恐竜カンパニー)/
     利根川真紀/橋本コウ平

作と演出 橋本興平&のりしろチップス2008
照  明 湯山和弘(ライトシップ)
音  響 大和鳴海(劇団H.D.U.)
舞台美術 大和鳴海(劇団H.D.U.)、モモヒキ
衣  装 棚橋美幸
舞台監督 金井竜也(王国のすすめ)、NARU3(劇団H.D.U.)
制  作 永沼美香.宇佐見未奈

 



一九七二年(昭和四七年)、
天地真理は白雪姫だった。


1972年(昭和47年)。横井さん帰国、浅間山荘事件、札幌五輪、沖縄返還、田中角栄内閣、日中国交回復、ミュンヘン五輪。天地真理、ぴんからトリオ、 ガッチャマン、木枯らし紋次郎、そしてパンダ来日。
混沌とした時代が終わろうとしていた1972年。
出来たての高島平団地に越してきた洋助夫婦の家に実家の岡山から両親がやってきた。うまく行かない嫁と姑の間に入り困り果てる洋助。
一方、未だ革命を信じる活動組織「革マリ共」の3人組。時代の流れの中で行き場をなくした彼らは、世間をあっと言わせる計画を考える.......

演劇ユニット『のりしろチップス』公式ホームページ
Copyright(C) 2004-2012 Norishirochips All Rights Reserved.